<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

紅葉だより

今月は、お稽古が予定表?通りに運び、4週目は木曜日のみのお稽古です。


鉢植の植え木達に「ありがとう肥」をあげたり、11/27(日曜)の県立音楽堂にての名流三曲会のプログラムをお送りしたり、お年賀状を少し早めなれど手配したり(カタログからアレコレ選ぶの楽しいです。写真と共にデザインを決めるのも。来春は、どんなのがおてもとにに!)、生徒さん達にお渡しするプリント(ニコッ)を作ったり、稽古以外の雑用片付けや、ゆったり時間がとれました。


ニュースで、此のところの朝晩の冷え込みで紅葉がとても綺麗とのこと。


やっとですね。


春はさくら、秋は紅葉、つかの間の大自然からの贈り物、しばし、楽しみたいですね。

b0299052_15512282.jpg

追記
画像は、龍頭の滝です。


先日、ブログに記しました象牙の箏。


箏は、一匹の龍に例えているとの故事と、丁度、その木と出会ったのが“龍年“でした。


それで“龍“の銘を入れていただきました。


箏が手元に届いた、そのすぐ後に鬼怒川に行くことがあり、偶然、龍頭の滝と出会い、とてもとても嬉しかったことを覚えております。



生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>




by kotocoral | 2016-10-25 15:55 | Trackback | Comments(0)

箏のこと

なぜか、私が東京教室を開いた時の教室用の花りん細工のお稽古箏がこのところ、頻繁にインターネットに登場しております。


東京教室は、予定より早く開講し、ブログに口前袋や尾ぎれの記事も載せましたが、そのブログが頻繁に登場です。チョッピリ苦笑!


箏は、はっきり申せば、桐できちんとつくってあり、糸もよいもの(私は、全て、箏の糸は稽古箏にも常盤のよいものかゴールドです)をかけていれば、紅木(こうき)等の固い細工のものでなくても、それなりの音はでます。


持っている箏は、皆、可愛いですので、 頻繁に登場してもかまわないのですが。


別にお安い箏を推奨しているわけではありません。こちらも苦笑!


箏は(否、楽器全般に言えることかもしれません)最初に耳にする音が大切といわれており、私は、自分も六歳の時の箏がとめ甲づくりの紅木細工でしたし、自分が子供達に教えはじめた当初から、楽器購入のご相談を受けたときは、上角(うわづの)の紅木細工の箏をお勧めしておりました。


近々、東京教室も“花りんちゃん“は換えるつもりです(ニコッ)


箏は、楽器であり、美術品ではありませんが、やはり、甲らや細工も含めて美しくなくてはならないと思うのです。


琴袋をはずして、箏と対峙したときに心がときめく、そのようなものが大切です。


私のくり甲の箏のうち、二面が玉杢(たまもく)で、そのうちの一面は象牙細工です。


ご機嫌のよいときに鳴る音は、まさしく、有機質の細胞膜に反響するといわれていますが、その違い歴然です。


楽器のよし悪し?は、造り、細工等全て含めて、弾いたものでなければわからないのです。

b0299052_10080810.jpg

生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>



by kotocoral | 2016-10-21 11:11 | Trackback | Comments(0)

澄んだ目

あるお着物の展示会にご招待いただき伺った時のこと。


大きな会場に当代一流の作家の方々の作品を順にご案内下さった中に、京都の伝統工芸の方の作品で、さりげなく心ひかれるものがありました。


お店の方が「如何にすごい技と労力と時間をかけて作った作品か」とご説明下さって。


私は「そのような過程は、よくわかりませんが、この織物が素晴らしいのはよくわかります」と申しあげました処。


その作家さんが「それでいいんです。うれしいです。」と。


その方の目があまりにも澄んできれいでしたので、心に残りました。


時々、幼い子供の目が澄んできれいだなーと思う時はあるのですが。


ひとつの事に夢中になり、一心不乱にものづくりをすると、そのようなお顔と目になるのかなと。

b0299052_13162944.jpg

追記
画像は、その方の作品とは関係のないものです。為念。

生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>





by kotocoral | 2016-10-19 11:11 | Trackback | Comments(0)

十三夜 気になること追記

実は、前日、何時ものお花屋さんで13夜用のステキなお花をゲット。お供え用の栗等もご用意いたしました。


13日木曜は、2週目でしたので、午後から3人だけのお稽古でMくんが済んで、PM8:30頃外に出ると屋根の上の方が皓々と明るく、お月さまの姿は見えねど、もう少し動くとお月見ができるかも、少し待ちましょうとまどろみましたら、不覚にも爆睡。


時間は、分かりませんでしたが「ああ、お月さま!」と、目が覚めて。


小走りで外に出ましたら厚い雲で真っ暗。


ショボンとしてましたら、雲間がきれて、西の高い空に、ほんのりお月さまがお顔を出してくださいました。


十五夜さまのように、皓々としお月さまではありませんでしたが、やはらかな微笑んだようなお月さまでした。


昨日、ドジ公表は、恥ずかしくあのようにかきましたが、まどろむ前の屋根の上が皓々と明るかったのは月が出ていたのかしらんと、気になり追記といたしました。


この辺りは、13日は、お月さまが出ていたのでしょうか?


お知らせいただけるとうれしいです(ニコッ)

b0299052_15444467.jpg

生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>


by kotocoral | 2016-10-15 17:55 | Trackback | Comments(0)

十三夜

昨夜は十三夜でした。


ステキなお花とお供えいたしましたのに、ご機嫌よくお顔をみせてくれません。でも、厚い雲の切れ間から、ほんのりみえました。


皓々ではありませんでしたが、それもよきかな!


お月見ができる平和に感謝ですね。

b0299052_15444467.jpg

生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>


by kotocoral | 2016-10-14 17:55 | Trackback | Comments(0)

先週のお稽古 その3

木曜日( 10/6)のお稽古、朝1番スタートは瀬音さんです。


対面で私の17絃と合奏稽古をしています。


「きちんとやりたいです」と仰って、頑張っておいでになります。お弾き初めに弾かれる曲です。きっと、よいものに為ると思います。


仕上りが楽しみです。


その後、お三方が稽古日変更為されて、5:30のMくんまで時間が空きました。


久しぶりに弾いた、さむしろと軒の雫。


なんともいえず、楽しく充実した時間でした。
 

Mくんは、この処、急に夏休み過ぎて、背がのびました。


爽やかで若ものらしく、眉目秀麗です。


お母さまも、きれいな方ですし、そのうち、お二人で弾く舞台をつくってさしあげようと思っています。


学校での成績も優秀とのこと、色々楽しみです。


今日は、お稽古をしてきたと仰って。


砧、完璧仕上りも、もう少しですね.。


土曜日(10/8)田園調布教室スタートは、名流三曲で紅薔薇とこすもすを弾くKさんです。
2曲とも、ほぼ完璧でした。


きれいな紅薔薇とこすもすになってきました。


やはり、私と気持ちよくフィットしてくれます。


箏とソプラノさんは、バッチリです。


尺八さん、宜しくお願いいたしますね(ニコッ)。


そのあと、お弾き初めに弾く八段を2度お稽古いたしました。


涼しくなり、本来の彼女に戻られたのでしょう。  


音感もよい方ですので、八段も四段からののり具合、いい具合いです。


弾き込んだときの仕上りが楽しみです。


そのあとは、優秀なキャリアでもあるRちゃん。


今の時期、忙しいとのことで11月までおやすみのご連絡いただきました。


某大学の教授でらしたお父さまからも、よく演奏会を聞きに来てくださいました後、感想を達筆な文字にしたためたお手紙を頂き恐縮いたしましたが、Rちゃんもお手紙でのご連絡でした。


30年以上のお付き合いです。


最後はみだれさん。


お弾き初めに弾く曲です。


何時もと違うので「お稽古為された?」と。


「はい」とうれしそうに。


Rちゃんからお休みのご連絡いただいておりましたので、少し、早めに入らしていただき、初段と八段の10段の処を何度かお稽古していただきました。


細い堅めの爪音(つまおと)ですが、澄んだ音です。


一人弾きなので、活きると思います。


後、ご夫妻で入らしているYさん、Mさん。
 

Yさんのお父さま方が日本を訪れになられるとのこと。昨日、今日、空港までお迎えですとのご連絡ありました。


ご予定があえば、お教室にもいらっしゃるかもと伺っております。


お目にかかれること楽しみです。


後、月に1度のお稽古の方など、その方のペースでお稽古為されています。


長い々ご縁の方から、ご入会間もないかたまで、大切に丁寧にご指導させていただいております。


横須賀本部教室、東京田園調布教室は、もう少し生徒さん欲しいと思っております。勿論、横浜港南台カルチャーがお通いになるのに便のよい方は、そちらをご検討ください。


お気軽に、見学、面談、体験のお問い合せ、お待ち申し上げております。


046ー821ー0907     新谷


メールはHPのお問い合せ欄をお使いください。

b0299052_12322275.jpg

生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>


by kotocoral | 2016-10-13 11:11 | お稽古風景 | Trackback | Comments(0)

先週のお稽古 その2

水曜(10/5)は、バーズカルチャーの出稽古でした。


先ず、最初は四季の柳さん。長く入らして下さっているかたです。


「先生、ゆっくりお願いします」と。


多少、ゆっくり目でしたが、手事の前までいきました。


彼女は、何時もかっちり、きっちり、予習復習を為されてます。


お弾き初めに弾く春の訪れも楽しみですね。


次は、六段さん。


先月お休み為されて、心配しておりましたが、事務の方から「体調が悪く退会為されるとのこと。先生にご挨拶と仰有ってこれからいらっしゃいます」と。


折角、きれいに六段がお弾きになれるようになりましたのに、残念で淋しいですが致し方有りませんね。


でも、思ったよりお顔色も快く、少し安心しました。また、いらっしゃれる日を楽しみに。


次は、八千代獅子さんです。


今日は、手事の二段の六の強、弱押しの難所?にはいりました。旋律が口ずさめるようになると、強弱押しも大丈夫ですね。


カルチャーは、30分稽古ですが、お弾き初めに弾く、つち人形が少し心配で、弾いていただきましたが。


真ん中あたりの割り爪と掻手が続く難所もリズムもよく、きれいにお弾きなり、お褒めいたしましら「お稽古沢山いたしました!」と、やはり、うれしそうにおっしゃいます。楽しみです。

次は、見事に本当に見事に千鳥の曲をお弾きに為られた、先日、体験で即日ご入会くださったら秋の言の葉さんです。


唄が難しいと仰って、少し、苦戦中のようです。
手事二段の中空調子に入る処。


弾きながら、琴柱を動かして変調をする方法をお教えしております。


合せ爪で変調した後、音を確認する旋律があること。


コーロリンの音の流れで、変調するなどです。


中空調子は、六・斗と七・為の琴柱の間隔が大切ですので、やはり、きちんと糸締めをしておくことなどです。


唄もお上手な方です。


今の季節の秋の言の葉の曲。よいものになるかと楽しみです。


そのあとは、先週ご入会くださった三段の調さん。


お若い時(今も、充分お若いですのに)に為されていたということで、体験では、飛躍の第2箏をお弾きになりました。


リズムも音感もよろしい方です。


学生の頃、合奏が楽しかったのでと仰って。


三段の調べ、前回、本手がほぼ完璧でしたので、今日は、私が雲井の高調子で、合奏することにいたしました。


勘が戻るまで少しの時間が必要かもしれませんが、2度ほど合わせましたら、一段はきれいに合いました。


「先生の音、少し聞けてます」と。


これから楽しみです。


次回は、先週のお稽古、その3を掲載いたします。どうぞお楽しみに!

b0299052_10035789.jpg

生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>


by kotocoral | 2016-10-12 11:11 | お稽古風景 | Trackback | Comments(0)

先週のお稽古 その1

さむしろと軒の雫のブログの回想シーン(ニコッ)で、インフルエンザに罹患(りかん)して、演奏会前に寝込んでしまいましたと書きました処「新谷先生って、余りお丈夫ではないのかしら?」とご心配くださる方(うれしいです)もいたようですが、最近の私は、至極タフで元気です。


インフルエンザは、5年に1度くらいのサイクルでかかっていたのですが、此のところは、1度も風邪をひかぬ年もあるくらいで、今週も、金曜日がお休みの他は、月・火・木曜が安針台教室、水曜は港南台カルチャー。


昨日(10/8、土曜)は、東京田園調布教室と稽古がありましたが、今日は、こうしてブログ執筆(ウ~ン、ニコッ)です。


でも、さすがに昨日は、帰宅後、お食事してお風呂に入りパタンキュー。


この週も、私もお弟子さん達も楽しく充実したお稽古でした。


うれしいことも沢山!


10/4(火曜)の飛鳥の夢さん。


最近は唄付けもきちんと為されて、今日あがりました。次回の曲は、奈良の四季です。


お約束していた春に植え替えをした鉢植えを差し上げた処「先生、先日のお礼です」と、美味しいマロンケーキをお持ちくださいました。


「近所のお店のです」と仰有ったのですが、お煎茶といただきましたが、ほっぺが落ちそうなくらい美味しかったです。


お茶といえば、、秋らしくなりましたので、お煎茶を皆さまに差しあげているのですが、本当に美味しそうに飲んでくださいます。


うれしいです。


勿論、彼女もでした。


火曜の夜は、壱越さんでした。


先ず、名流三曲の紅薔薇、こすもすのお稽古です。


この2曲は、ほとんど完璧です。


ご一緒に弾いていても、気持ちよくフィットしてきます。


本番楽しみです。


お弾き初めに弾く曲の壱越は、今年の初め頃に、仕上げた曲ですが、あらためると、又、新たな難しさがあるようですが、第3楽章とてもいいです。第1楽章も練習するそうです。


この処、1回のお稽古に3曲ペースですが、頑張ってらっしゃいます。


先週のお稽古、第2弾は次回のお楽しみに。

b0299052_10004231.jpg

生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>



by kotocoral | 2016-10-11 11:11 | Trackback | Comments(0)

さむしろと軒の雫

此のところのお天気、「ひと雨毎に秋が深まりますね」などの風情ある言葉が似合う季節ですのに、晩秋のようなお天気の後、夏日?になったり、目まぐるしいですが、お天気ばかりではなく、色々予測できないこと多しですね(でも、昔の書物にも、そのような事が書かれております)。


しかしながら、箏に向かい合うときは、そのようなものとは関係なく、悠々、泰然の世界です。


何百年前かの曲を弾いて、その中に入っていきますと、そんなことは、どうでもいいことになってしまいます(ニコッ)。


生徒さんたちのお稽古。


お弾き初め会の曲も順調に仕上がってきています。


この度は、もし本番緊張して、途中弾けなくなっても、何度でも弾き直ししてもよしで、一人あたりの時間制限なし。


のびのびと存分にお弾きなさい!です。


私も、昨日は、さむしろと軒の雫を稽古いたしました。


2曲共に神仙で2曲共に思い入れのある曲です。
さむしろは、30年近く弾いてなく、お蔵入りしていた曲です。


その時どのように弾いていたかテープがないのでわかりませんが、久しぶりに弾くさむしろは面白く新鮮です。


その昔?一生懸命稽古した曲は、手もそのまま自然
と動きますし、旋律も鮮やかによみがえります。


もう少し弾き込むと、又、違う処?にいけるかなと楽しみです。


軒の雫は、その昔?宮城の全国演奏会で、宮城喜代子先生、数江先生、青木鈴慕先生の演奏をお聴きして、余りにもステキでカルチャーショックを受けたことが、大好きな曲となるきっかけでした。


でも、今まで一人で弾いたことは余りありません。


前にも記しましたが、故中井猛先生が「どうしたら、このような旋律が創れるのか」と、解説にお書きになっておりました曲です。


その後、道雄先生の音源をお聞きしたりして、色々勉強?いたしました。


そして、横須賀芸術劇場の21世紀コンサートでお弟子さん3人とご一緒して、舞台に載せました。
好評でしたようです。


その折弾いた八重衣(YouTubeの演奏動画、四季の眺と新娘道成寺でご一緒している方々です)、何故か、途中から箏の音が別ものになって、いはゆる音が立ったのですが、不思議な思い出です。


総リハーサル(全10曲を通し稽古でした。全曲ほとんど完璧で、明日、舞台に載せてもよい状態でした)の後、インフルエンザになり、床にふせて、1度もお稽古せず、本番となりました。


でも、何故か少しも不安感はなく(細部にいたるまで、全て準備万端整えておりましたので)演奏に臨みました。


勿論、よく頑張ったお弟子さん達、よく動いて下さったお琴屋さん、劇場スタッフ。そして、550席、満席のお客さま方に心より感謝です。
横須賀ですので。海外のお客さまも多数入らして下さってましたが、30分弱の八重衣の演奏ひとつとっても、会場から、シワブキひとつ聞こえませんでした。


なにかしら、脱線して語って?しまいそうですので、この辺で。  


只、音楽というものは、作曲年代が、古い、新しいではなく、よいもの?は、時空を超え、国境を越えるのだということは、確かですね。

b0299052_12282221.jpg

追記
さむしろについては、ブログの3/23と5/8に同じ画像で載っております。
ご参考戴けましたら幸いです。


生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>


by kotocoral | 2016-10-07 17:55 | Trackback | Comments(0)

ハッピーな日

昨日は(10/3、月曜)は、お稽古の方が少ない日で合間に上大岡に、秋色のランチョンマットがほしくてでかけました。


お天気予報は、くもりと傘マークでしたが、そんなにひどい雨にはなるまい、もし、少し濡れても大丈夫なようにと、毛のセーターと毛のお帽子の出で立ちででかけました(私は、折り畳み傘はスキではないので、何時も、大きめのコウモリ傘です)。


やはり、私には雨よけの何かがあるようで、どしゃ降りはセーフ。帰りの駅からの小雨は大丈夫でした。


最近、上大岡は、港南台カルチャーの出稽古の行き帰りに寄るくらいで、目的で出かけることはほとんどなく、年に1度か2度くらいです。


エスカレーターから一人の若い方が降りてきて、すれ違って、スーッと歩いていって。


お顔は見えず、わずかに横顔と後ろ姿。


ふっと「Mちゃん!!!」
「Mちゃんかしら」とお声かけいたしましたら。
「ウワァ、先生!」と。


6歳のときから、お嫁に行くまでお稽古にいらしていたMちゃんでした。


上のお嬢ちゃまは、3年保育の幼稚園生ですが、下の坊やちゃんがまだ一歳とのこと。


お稽古は、もう少し先になりそうとのお話。


私は、今日は、ロングヘアにして、少しカジュアルなセーターにお気にいりのガンクラブチェックのプリーツスカートでしたので。


「先生、少しも変わっていないです!」など、仰っていただいて、単純な私は、ルンルンと帰路についたのでした。


時々、お弟子さんたちとも、ご縁で結ばれているかしらと思うことが多々あります。

b0299052_11073638.jpg

生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


◇田園調布教室(東京)開講いたしました。


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>



by kotocoral | 2016-10-04 11:11 | Trackback | Comments(0)


箏(琴)を通して心にうつる様々な出来事を記したブログです。多くの方に箏(琴)の素晴らしさを知っていただき、共に学び、楽しんでまいりたいと思います。  生田流箏曲 新箏会        主宰 新谷幸子 


by kotocoral

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
お稽古風景
演奏会のご案内
生徒募集/おこと体験募集
演奏会報告
お琴(お箏)演奏動画 youtube
未分類

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

スクール・セミナー

画像一覧