カテゴリ:未分類( 149 )

賢順賞

昨夜(10/18、金曜)、
久しぶりにテレビでの邦楽の演奏を拝聴いたしました。

箏は、第25回賢順賞受賞者の山下紗綾さん。

三味線は、本條秀五朗さん。

そして、踊りがお二方でした。

賢順賞コンクールは、
九州の久留米にある石橋文化ホールにて、当初、箏曲における、年齢、プロ・アマ問わずに、邦楽の隠れたる才能を発掘することのようでしたが、やはり、若手の登龍門となり、出演者も殆ど芸大生となりました。

私の教室にも、
当初(平成6年)から、20年以上にわたり、出演応募要項が送られてきております。(⌒‐⌒)
b0299052_08512122.jpg


随分前ですが、先代藤井千代賀さんのご主人さまである東大名誉教授でらした、岸辺成雄先生が音頭?をとられて、東京にて、第1回~第10回?位までの賢順賞優勝者達の演奏会がありました。

私の当時の同門の方々も数名出演しており、伺ったのですが、
その中で“ダントツ素晴らしい“と思う方がいらして、箏独奏でしたが、全然音(ね)が違っていて(私のその時の感性に合ったのかもしれませんが。)、現代曲で、瓔という曲でした。
インドの瓔珞(ようらく)のことだそうです。

知らない曲でしたので、帰宅後、曲目の意味を調べたことが、未だに記憶として鮮烈なのかもしれません。

前にも記しましたが、
数えきれないほどの演奏会に伺っての、幾つか鮮烈に記憶に残っている演奏の一つです。


by kotocoral | 2019-10-19 08:55 | Trackback | Comments(0)

秋の七草 よもやま

たまたま、
先日、撫子をブログの画像に使ったことから、秋の七草に心ひかれました。

1200年前の万葉集の山上憶良の二首の歌からとのこと。

“秋の野に 咲たる花を 指折りかき数ふれば 七種(ななくさ)の花“
b0299052_14494150.jpg


“萩の花、尾花、葛花、なでしこの花、女郎花、また 藤袴、あさがおの花“

久しぶりに、
入江泰吉さんの小さな写真集もひもときました。
b0299052_14502298.jpg


この本は絶版になっており、実は三冊目です。
一冊目と二冊目は、生徒さんにお貸しして、2冊目は彼女と一緒にマレーシャに渡りました。 ニコッ(ご主人の赴任先に)

丁度、
21世紀コンサート当日、彼女から電話(マレーシャから)がかかって来て、琴屋さんが箏運びにいらっしゃる前で(前日、大雪で箏を運べなかったのです)、私は、丁度、帯締めをキュッ❗と、締めたところでした(ホントウです。ニコッ)

その本は、「あなたに進呈します」とお話して、一件落着。

実は、その前に、
横浜の有隣堂にお勤めしていた生徒さんが、九州の田舎の本屋さんに有るのを探してくださって、絶版になっていた“万葉四季の花“を取り寄せて下さったのです。
「先生、大切に為されていらっしゃったから❤」と。
ありがとうございます。
今も大切にしております。


本当に自分でも、びっくりするくらいメモリーBox自由開閉ですね。(⌒‐⌒)
でも、
昨日、一昨日のことも、クリア記憶です(為念、 ニコッ)。


野の花が好きです。
前に一度記しましたが、
“人みるもよし 見ざるもよし されどわれは咲くなり“ですね。(⌒‐⌒)

古今集の知的で整然とした和歌も好きですが、やはり、のびやかな万葉集に心ひかれます。

旧四季おりおりの記に、会津八一さんと入江泰吉さんのことチョッピリ載ってます ニコッ。(私のHPの四季おりおりの記から入れ?ます)


本にはさんでありました、入江泰吉さんのとてもすてきなお写真の切り抜きも、お載せしますね(いまより、数倍忙しい毎日でしたのに。ニコッ)
b0299052_15042299.jpg

後、
秋の七草の画像もお載せします。(⌒‐⌒)

今日は、暇しております。ニコッ
“よもやま“
お読み下さいました方々、最後までお付き合いくださいましてありがとう❤ございました。( ^∀^)
b0299052_14515868.jpg
b0299052_14521230.jpg
b0299052_14522731.jpg
b0299052_14530330.jpg
b0299052_14532123.jpg
b0299052_14542512.jpg
b0299052_14524348.jpg









by kotocoral | 2019-09-30 13:55 | Trackback | Comments(0)

いわし雲

今日(9/20、金曜)は、朝からさわやかで、とても快いお天気です。
(天気予報は、曇りですのに)
ところどころに、いわし雲とすじ雲でステキな空のデザインです。(⌒‐⌒)
ふ~。 ステキ❗

b0299052_07291535.jpg
秋になりましたね。

水曜のカルチャー稽古終了後は、9月は、4週目にお稽古日変更の方々が3名いらして、後は、土曜日の田園調布出稽古だけです。
久しぶりに、自分たっぷり時間です。(⌒‐⌒)

早速、
昨日(9/19、木曜)石橋を本番に使う箏で、久しぶりに川瀬白秋さんの三絃MDと合わせました。

爪をつけると、“音源も大音量“にしなくてはならなくなるので、爪なしです。ニコッ

久しぶりにカットなしで全曲です。(演奏会は13分仕立?にいたします)
楽しいひとときでした。ニコッ

普段余り使ってない(龍でも千鳥でもない箏です)くり甲で、双調用に糸〆していただいた箏です。

湿っ気が少なくなってきたからでしょうか。

爪を
つけなくても、よく鳴ります。
五段砧で使った箏です。
(⌒‐⌒)

今日は、
土・日・月曜と雨の予報ですので、夏に疲れたであろう、植木さん達への肥料を買いに出かけます。ニコッ

少し、お手入れしてあげます。( ^∀^)


生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>





by kotocoral | 2019-09-20 06:55 | Trackback | Comments(0)

Yさん出展の造形展

今日(9/6、金曜)は、Yさんが出展している造形展に行ってまいりました。

前に一度ブログに掲載したことありですが。

お母さまやおばさまが京都で箏、三絃の大家でらした方です。
ご縁があり、二十数年前、みだれ、五段砧、残月などを三曲会でご一緒いたしました。

今日、楽しかったです。
(⌒‐⌒)

偶然、
エレベーターでご一緒した見ず知らずの方。
展覧会にご一緒したいとのことで、お連れしました処、とても造形にお詳しい方でしたようで、先生とお話が弾んでらっしゃいました。
その方も楽しかったようです。

画像は、
先生の作品と彼女の作品(3原色のみで描いてあるそうです)を了解を得て載せました。
b0299052_17383846.jpg
b0299052_17385704.jpg


後、
帰りにいただいた、メチャ🎵可愛らしいイラスト?。
b0299052_17394971.jpg


わるん坊願望(ニコッ)のある私は、真ん中の頭に手拭いを載せた“ネコちゃん“がお気にいり。
皆さまは⁉ ⁉ ⁉。( ^∀^)

生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>




by kotocoral | 2019-09-06 17:37 | Trackback | Comments(0)

クマくんの定位置

この処のクマくんは、もっぱら、リビングのふかふか絨緞の上です。

全室冷房にしていても、1番ここち快い場所は、リビングなのでしょう。

超リラックスしています。
b0299052_17204396.jpg
b0299052_08091406.jpg


クマルームは、前にも記しましたが、何時も窓を少し開けておりますしね。

しばらくは、リビングがお気に入り定位置のようです。
( ^∀^)

追記(8/3、土曜、17:55記)
やっぱり❗
ネコは、超能力?があるのかも。(⌒‐⌒)

私が、ブログにクマルームの“何時もチョッピリ開けてある窓“の事を書きましたら。
少し前から、クマが窓の側に座っています。

偶然にしては………。
う~ん。
不思議なり。

このようなことばかり書いていますが。 ニコッ。


今日は、
朝から、お弾き初め会の曲の生徒さんへの提案のカット部分(稽古は全曲いたしてます。 ニコッ)を決めたり、曲目が増えたので、簡単な進行表や調絃表一覧を作り直したり(何時も早々といたします。 ニコッ)、今、自分の勉強?中の曲や演奏会に出す曲を稽古したりして、1日を過ごしておりました。

お出かけより、そのような事をしている方が好きで楽しい私です。( ^∀^)

でも、
出稽古は別です。為念 ニコッ。

今月も8/7(水曜)横浜教室、8/10(土曜)に東京教室がバッチリ、濃い時間割と中身濃いお稽古で入っています。(⌒‐⌒)

私も生徒さん達も、楽しみに心待ちできるお稽古が宜しいね❤。( ^∀^)


生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>




by kotocoral | 2019-08-03 08:08 | Trackback | Comments(0)

クマとボナとグレース

今日(7/30)は、ニャンコのグーちゃんの13回忌とのことです。

“とのことです“とは、 について(ニコッ)。

私は、生前に充分可愛がり、お互いに“ありがとう!“で旅立ったのであれば、“それで宜しいのでわ“の考え方なのですが。

猫可愛いっがりで、優しい娘は、ボナのもグレースのも全て命日を覚えていて、今日は、13回忌とのことで、グーちゃんが大好きだった、とらやの羊羮をたっぷり送ってきました。(お母さんも大好きだから、30日過ぎるまでは、厳禁ね。とのメッセージ付き。 ニコッ)

今までも何度か登場しているボナとグレースとクマ。

本日、一挙(チョッピリかな。 とても、書ききれない程の、プレゼントをいただきましたので!)掲載です。(⌒‐⌒)

猫だけれど、みんな違う❗
なのです。


ボナは、チンチラで血統書の名前は、エレンです。
b0299052_08165529.jpg


グレースは、愛称がグーちゃん。
ヒマラヤンで血統書の名前は、アニーです。
b0299052_08172586.jpg


その子達の特質をよくとらえた命名と、感心していました。でも、我が家では、愛称で!

クマは、お母さん猫が、静岡の旧家で生れ、天井の梁を、御年15歳にして、飛び回る元気ネコちゃんで、少し前のお話なれど、兄妹猫のフクちゃんは、野山を駆け回り、戦利品のサワガニやフナなどを、飼い主に献上していたそうです。(⌒‐⌒)
b0299052_08181376.jpg
b0299052_08190728.jpg


我が家は、というより、私は、猫は、ペット待遇ではないのです。(⌒‐⌒)

人も生きもの、猫も生きもの、平等?なのです。
但し、人間社会で暮らしているのですし、ご飯も貰っているのですから、少し❗は迎合し、人間社会のルールも守ってね❤です。

エピソード、沢山あって、一挙掲載は、無理ですし、ペットとみなしている方々には、到底分からないかな~ですが、チョッピリ公開いたしますね。(⌒‐⌒)

先ず、ボナのこと。
子猫の時、我が家に来て、まだ、2~3日。
お弟子さんが、お稽古で入らして、やはり、そちらの猫ちゃんが、ビロウなお話なれど、洗面所で用を足して、お水を流せばきれいになるので、水洗トイレみたいねと。(その当時、ネコちゃん用の水洗トイレが市販品でありました)
“すごいわね~!“と。
ひとしきり、話題に。(実際は、彼女が忙しく、猫砂の管理が…………でしたのでしょうね。 ニコッ)

帰られた後に。
ナーンと❗。
ボナがスタスタと洗面所に行き小用を足したのです。
「別にそんなにスゴいことではないわ。
ワタチにも出来るもん」と言わんばかりに。

ひとしきり、やはり、話題となりました。
本当のことです。(⌒‐⌒)

人間語が分かるのは、年齢を得て学習したものではなく、始めからということの実証かな。(⌒‐⌒)

子猫の時から、そうでしたから、掛かり付けの獣医さんをして、かなりの知能と言わしめましたが。
それに、プラス不思議な能力?。

チンチラらしく、プライド高いニャンコで、沢山の楽しく、美しいプレゼントをもらいました。

グーちゃんは、
お父さん猫と、お爺さん猫がチャンピオン猫とのことで、血統良き中の血統よき猫で、おっとりしておりました。

お稽古の時は、ボナは必ず私の半径3メートル以内の何処かに居たのですが、グーちゃんは箏の音が余り好きではないようで。

合奏練習の時も、何面か箏を並べて、お弟子さん達が座ると、
お水をぐびぐび。
フードをボリボリ。
(籠城に備えて。 ニコッ)
廊下をカツカツカツといわせながら、現在のクマルームへ。
(クマもボナも音無しで歩くのですが、何故かグーちゃんは、傷はつけませんが、カツカツカツと。 ニコッ)
お弟子さん達の
「グーちゃん、行っちゃうの」との声を後ろに❗(⌒‐⌒)
しっぽピーンとたてて。ニコッ

テラスで、とんぼや蝉をボナが百発百中で捕るのをグーちゃんが“ボナ姉さん、すごいナー(ボナが少し年上でした。)“と感心している様子が可愛らしかったです。

お写真では、撮せないのですが(目玉焼きのように写ってしまいますが、ニコッ)きれいな透き通るようなうすいブルーの瞳で、先天性の眼球しんとうがあると獣医さんがおっしゃっておりましたがほとんど、言われなければ分からない程に普通行動していましたが、“お雛様のドジなワタチ“もそれが、一因かもですね。ニコッ


ボナもグレースも
18歳で1年ずれて、永眠いたしました。

ありがとう❤の言葉を贈りました。(⌒‐⌒)

もう、
生きものは飼わないとしていたのですが。

クマくんは、
丁度、5月5日の端午の節句に我が家に登場いたしました。

一度、記したことありますが、クマの命名は、
パンダは、別名“大クマ“というそうですが、“クマ“は白黒模様が反対なので、クマなのだそうです。(⌒‐⌒)
野性味の強いお母さん猫の血すじもあって、ボナやグレとは違う面白さです。

それと、
我が家の猫族は、人間語?が殆ど分かっていましたが、

クマは、“ちゃんとお話聞いているよ“というときは、お耳をピクピク動かします。

最近は、
“了解、分かったよ、その通り!“の時は、舌の端をチョッピリお口の端に出すメッセージをするようになりました。

クマも15歳なれど、若々しく、未だに天井までの登り棒も二たっ跳びです。ニコッ。


色々書くと、猫自慢になりそうなので、このあたりで。( ^∀^)
又、機会がありましたら。
( ^∀^)

追記
クマはクマルームではなく、私が先日風邪をひいてから(クマが来てから寝込んだのは初めてかな)、私のベッドの側、1メートル以内、私と目が合う場所に常にいました。

風邪が完璧に治るまで(クマの動物的な判断? ニコッ)、その位置におりました。

すごいな~🎵と。

このまま、クマの定位置変更かなと思いきや❗
先日から、又、クマルームへ復帰です。(⌒‐⌒)

そよそよと風がながれる、我が家で1番よい場所です。(⌒‐⌒)


生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>





by kotocoral | 2019-07-30 08:08 | Trackback | Comments(0)

ラッキーとルンルン🎵

今日(7/22、月曜)は、とても涼しかったので、諸々、何軒かはしごのお出掛けをいたしました。

“少しお時間かかります“とのことで、“時間つぶし“と、先日来の“🍑ピーチパフェ“を。

今日は、涼しかった為か、お待ちの方々もいなく、即、お席に。
b0299052_19074259.jpg

でも、やはり、帰りはずら~っとお待ちのお客さま。

タイミングでしたのね。
😆💕ラッキーでした!。

とってもいいお買い物もできて、ルンルン🎵です。

クマも美味しいお刺身をチョッピリいただいて(生ものは余り沢山はイケナイので。 ニコッ)今、みましたら、幸せそうに眠っています。( ^∀^


生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>




by kotocoral | 2019-07-22 19:55 | Trackback | Comments(0)

無題(⌒‐⌒)

今日は、久しぶりに快いお天気で、気持ちが宜しいね。(⌒‐⌒)

先日、暫くブログ休筆を宣しましたが(おバカさんですね。さりげなく別にアップしなければよいものを)。

その後、土曜日から風邪の症状がひどくなりました。

インフルエンザは、この5年位はかかったことがなく、風邪も2~3年振りでしょうかしら。
特に夏風邪は初めてに近いかも。

熱はなく、
ひどい咳と鼻水でした(過去形です。 ニコッ)
食欲は、ありです。(⌒‐⌒)



土、日曜日はどちらも休診で、ひたすら、ビタミンと栄養と休養で、ジーッとベッドに寝てました。

“なんとかは風邪ひかぬ“との昔からの諺もございますし、珠に風邪をひくのも宜しいかなと。(⌒‐⌒)

前にひいたとき、早めに受診した方がよいと記した時ありですが、その時は少々ハードスケージュルでした。

この度は、今週は、幸い(⌒‐⌒)土曜日の田園調布教室のお稽古あるのみです。

生徒の皆さま方、
来春の会に向けて頑張りはじめております。( ^∀^)
ゆっくり休養して、しっかり治して臨みます。(⌒‐⌒)
b0299052_18032411.jpg


生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京> 




by kotocoral | 2019-07-08 15:55 | Trackback | Comments(0)

今週のこと。

今週は、6月の4週目で、本来お稽古の無い週なのですが、夕方から千鳥さん達がおみえになります。

月曜は、1日のんびりして、時々箏を弾き、
火曜は、キッチンのお掃除。
整水器や食洗機の廻り、歯ブラシで、徹底的にきれいに!。
きもち快しです。ニコッ。

水曜は、久しぶりに、お母さまや、おば様が、京都の箏曲の大家のお嬢さまで、前にお稽古にみえていたYさんとで箏談義のメール通信を稽古の合間に。
お互いに暇な1日でしたのですね、楽しかったです。(⌒‐⌒)

そして、今日木曜は、千鳥さんがいらっしゃるからと、玄関に生けるお花を買い求めにお出掛けいたしました。

帰る途中、駅の側で、街角ピアノなる、素敵なピアノ弾きさんの演奏を聴かせていただきました。

先日はケーナとピアノを。

雨が心配で10曲位聴いて、失礼いたしましたが、もっとお聴きしたかったです。
(⌒‐⌒)

ブログには、お花を載せるつもりでおりましたのに、道中、気をつけましたが“濃いピンクの百合“さん。
花びらを痛めてしまいました。
ごめんなさい❤。

かくして、
今日、届いた婦人画報社(前にヴァンサンカンに当お教室載せていただきましたことあり)の雑誌から、パッと、本をひらいた処の画像を拝借いたしました。

時は、まさに夏ですのに、シックな秋色が心に入り込みました。(⌒‐⌒)。
b0299052_16010618.jpg


来週から、また、忙しくなります。
のんびり週、満喫することにいたしました。

でも、遠出は、いたしませんので、自分稽古は、しっかりいたしております。
(⌒‐⌒)。


追記
一度カットいたしましたが。
私の場合、ON、OFFをしっかり分ける方が、それぞれが、より活きる❗かなと。

よって、
削除ブログ、再びです。
( ^∀^)

それと、先日ブログに載せました、新谷幸子箏曲教室で、違う画像が載っている件は、今日みましたら、見当たりません。(*_*)

よかったです。( ^∀^)


生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京> 





by kotocoral | 2019-06-28 15:55 | Trackback | Comments(0)

宮下伸さんのこと。

つい最近、
邦楽ジャーナル最新の6月号の表紙の宮下伸さんの画像が、私のブログ記事の“恵庵“のところで、この数日、よくお見受けするのです。

ウェブ?に疎い私には、どうしてそのようなことがおきるのか分からないのですが❗

前にも記しましたが、脚を怪我するまでは、東京なのでの数々の演奏会に、よく足を運び、時間があるときは、それこそ、日がな1日でも、拝聴させていただいておりました。

この処は、遠のいておりますが………。
又、伺いたいと思っております。(⌒‐⌒)

数十年の間、数多くの演奏会で、多くの方々の演奏を聴き、その中で、心に深く残っている幾つかの演奏ありです。

佐藤親貴さんの春の曲もそのひとつですが。

何年か前、
確か国立劇場で、関東の各御流派の方々の演奏会で、宮下伸さんがお弟子さん3人位と弾いてらっしゃるのを、拝聴いたしました。(合奏でしたが、お弟子さん達とは、ところどころ、合っておりませんでした。ニコッ)

NHKテレビでの、30絃演奏等は拝聴いたしてましたが、生は、初めてで、その時は、箏でした。

何の曲でしたかは、覚えておりませんが、全然、他の方々の演奏(失礼なれど、その時は、本当のことでした)とは、音が違っておりました。


表現方法が見つかりませんが。
大きい音とか、強い音とか、音が立つとか、響くとか、そのようなものではなく。
音が違っておりました。

その後、数日程、宮下伸さんを存じ上げている箏のお仲間に感動をお話したことがございます。

その時のことを思いだし、先程、YouTubeで、聴かせていただきましたが。
素晴らしい演奏ですが、機械を通した音でその時の音とは、違いました。

やはり、演奏は、一期一会かと。(⌒‐⌒)



YouTubeで素晴らしいと、拝聴できる演奏は、実際は、どれ程、素晴らしいのでしょいか。

稽古を一生懸命すると、簡単には言えますが。
でも、やはり、
稽古しかないのでしょう。
b0299052_12343655.png


追記
今、宮下伸さんのブログを書いておりました時に、何十年か前、横浜の久良岐能舞台の社中のお弾き初めで、夕顔を弾かれたMさんから、電話が有りました。

何度かお引っ越しをなされたり、ご家庭のご事情等で、お稽古も何度か中断為されても、又、お稽古を再開為されたいとのご連絡でした。

前回最後のお稽古は、内藤孝敏編曲の“宵待草“を私が、五線譜を琴譜に直して、お渡ししていたのですが。
(少し、難易度は高いです)
お引っ越し荷物に何時も忍ばせていたそうです。
今もまだ有り、その曲を致したいとのご希望です。

素直にうれしいです。
( ^∀^)

箏との携わり方も、色々あって宜しいのでわと。(⌒‐⌒)。


生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京> 




by kotocoral | 2019-06-18 11:55 | Trackback | Comments(0)


箏(琴)を通して心にうつる様々な出来事を記したブログです。多くの方に箏(琴)の素晴らしさを知っていただき、共に学び、楽しんでまいりたいと思います。  生田流箏曲 新箏会        主宰 新谷幸子 


by kotocoral

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
お稽古風景
演奏会のご案内
生徒募集/おこと体験募集
演奏会報告
お琴(お箏)演奏動画 youtube
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

スクール・セミナー

画像一覧