2017年 07月 12日 ( 2 )

六本に糸締めする

今日は、Mくんだけのお稽古でした。
ご夫妻は、お仕事でお時間が取れず、明日木曜に変更となりました。

お出掛けして帰宅。
郵便受けに横浜三曲から、等々、箏関係の郵送物が3通ありました。

Mくんのお稽古終えて、早速、目を通した処。

故中井猛先生の一文等があり、“箏糸を六本に締める“の一文に目がとまりました。

随分昔?のこと。
まだ、私がひょっ子先生の頃(今でも、まだひょっ子かな(⌒‐⌒))、芸大教授の上木康江先生のテキスト?が何故か、手許にあり(先刻、探しましたが今の処、見当たりません)、その中に「箏の糸締めは、やみくもに締められては困ります。琴屋さんには、六本に締めてくださいと仰ってください」というような一文があり、それから、六本に締めてくださいと申しあげておりましたが…………。

正確には、一弦を壱越(6・D)にした時に巾の糸の柱の左側の音が自然に壱越の乙になっているという、今日、送られてきた小冊子の中の一文(画像参照)。
b0299052_22572139.jpg


Mくんのお稽古終了してから、手持の全ての箏で試しました❗

一番最初に試したのが、画像の上角の箏です。
お気に入りの稽古箏で、時々弾いています。

今日も、その箏で稽古していましたのですが。

壱越に調弦したところ。
見事に❗❗❗巾の左側が壱越の乙になりました。
「わあー。すごい😆⤴」と、心で喚声をあげました。

ワクワクしながら、次々に、箏に柱をたてて、試しましたが。
残念ながら、他の稽古箏は勿論、くり甲の龍も千鳥の箏もとめ甲の箏も、全て、巾の左側は、壱越つまり(6・D)の乙には、なりませんでした。
近い音ではありますが、最初の箏が発した正確な壱越乙には、なりません。

私も、お耳は、よいので、調弦は正確です。

ブログ記事?にするべきか、迷う部分もありましたが。
他の皆さま方の糸締め事情?は、如何なのでしょうか?。

画像の箏は、あるお弟子さんがお稽古に初めて入らした時、琴やさんをご紹介して購入したものです。

その後、遠くに引越為されて、しばらく、彼の地の先生に習われていたとのことですが。

数年前「箏は、もう弾かないので、お教室の稽古箏としてでも、お使いいただければうれしいです」と。

とても、弾きやすく、よい音が出るので、私が時々弾いていて、他の箏は、毎年や隔年毎に締め替えするのですが。
何故かその箏は、糸替えするのが、ためらわれて、そのままにしておりました。

それで、本当の六本の糸締めを体感?できたのですね。
(新糸で、体感したいです(⌒‐⌒))


その箏の持ち主は、イギリスに帰国為されたDさんです。
ご縁とは、不思議なものですね❤。


b0299052_22575003.jpg

追記
(2019、3/31 記)
ブログ沢山書いてきておりますが、久しぶりに“六本に締める“の記事が出てきております。
昔?は、絹糸の場合など六本に締める方々が多かったようですが。
今は、もう少し強めに締める方がほとんどです。
現代曲の方などは、特にグーンと強めです。
あるレベル?に達しましたら、洋・和楽器問わず、箏の音色も含めて、糸の絞め具合も演奏も“好み“(難しい表現)になるのかもしれませんね。(⌒‐⌒)
生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>



by kotocoral | 2017-07-12 22:55 | お稽古風景 | Trackback | Comments(0)

ある猛暑日云々の追記

クスッ、 クスクス。

笑うより仕方ありませんね。
追記をしないと、「新谷先生、 この猛暑で!」と、あらぬ疑い(ニコッ)をかけられそうですので❤(お部屋の中は、至極涼しいです ニコッ)

18日というのは、とても、よい日なのだそうです。
先入観で、11日(今日)と、来週の火曜日、18日を違えてしまいました。

でも、11日もよい日ですし、今日はラッキーなお知らせとラッキーなことが、2つもありましたので、とてもハッピーです。(⌒‐⌒)

でも、早めに、気付いてよかったです(⌒‐⌒)(⌒‐⌒)。

追追記
家人のものより、あちこちで、災害があるときに、余り、ハッピー等、書かない方がよいなどのお達し!

かくして、追記アップは、一度ボツになりました。(⌒‐⌒)

私に迷い?があり、相談したのが、ゴチャゴチャのもと。
やはり、何時も通りがよいようです。

かくして、何時も通りとなりました。(⌒‐⌒)。


b0299052_17194813.jpg


生田流箏曲 新箏会 主宰 新谷幸子


横須賀・横浜・東京教室共に入会随時受付中です。


生田流箏曲新箏会HPはこちらから

お教室のご案内はこちらから
お問い合わせはこちらから

<お箏(お琴)教室 横浜・横須賀・東京>



by kotocoral | 2017-07-12 13:55 | お稽古風景 | Trackback | Comments(0)


箏(琴)を通して心にうつる様々な出来事を記したブログです。多くの方に箏(琴)の素晴らしさを知っていただき、共に学び、楽しんでまいりたいと思います。  生田流箏曲 新箏会        主宰 新谷幸子 


by kotocoral

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
お稽古風景
演奏会のご案内
生徒募集/おこと体験募集
演奏会報告
お琴(お箏)演奏動画 youtube
未分類

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

スクール・セミナー

画像一覧